注文住宅という購入方法で自分らしい家を建てる

まずはイメージする

環境に優しい住まいを

エコは国や企業だけではなく、個人にまで浸透しています。環境に優しい住まいの注目度は年々増しており、注文住宅を建てるならエコに貢献したいと考える施主も多いです。 注文住宅のプランニングは、間取りを考えることがメインになります。しかし、最近では太陽光発電や蓄電機能を導入するかどうかも考えられることが増えてきました。また、冷暖房効果を高める努力をする施主も増加傾向にあります。 冷暖房効果を高めるには、断熱性や気密性が高い家にすることが大事です。しかし、それだけではなく風や太陽の力も利用することが重要になります。風の通る間取りにすれば、夏は過ごしやすくなります。注文住宅を建てるなら、様々な工夫が必要です。

大手のハウスメーカーは安心感がある

大手のハウスメーカーでは、環境に配慮した様々なアイデアを盛り込んだ、注文住宅を多く販売しています。最近は、ハウスメーカーで注文住宅を建てる人が増えてきました。 ハウスメーカーと言うと、分譲と言うイメージが強いですが、注文住宅ももちろん建ててくれます。ハウスメーカーで建てると高いと言われてきましたが、最近では坪単価30万円台で建ててくれるところも存在します。コストを削減するための努力に力を入れるハウスメーカーも多くなってきました。 大手になればなる程、提案力もありますし、トータルでサポートしてもらえるので安心感があります。アフターサービスもしっかりしているところがほとんどで、その内容もはっきりしています。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013